日本証券金融の役割

  • 2010/04/01(木) 13:34:30

日本証券金融では、資金が不足している所へ資金調達を融通する役割を担っています。

そして経済活動を円滑にしていく役割を日本証券金融は背負っています。

日本証券金融では、信用取引によって資金を調達しています。

銀行が個人の資金を預かって企業に融資することを間接金融と言い、銀行を通さずに日本証券金融などが株式や債券を発行し直接投資家から資金調達する直接金融があります。

日本証券金融の役割としては、制度信用取引に基づいて注文を受けます。

顧客である証券会社が注文を受けた場合に、資金や株式を日本証券金融が調達して投資家に用立てています。

株券の貸付を日本証券金融が行うのは、貸借銘柄に指定された銘柄だけです。

現在では日本証券金融以外に、中部證券金融、大阪証券金融の3社があります。

戦後、日本の金融の建て直しと共に日本証券金融もその形を表してきました。

個人資産は安全性の高い銀行預金に集中していましたが、日本証券金融は直接金融の突破口を開きました。

日本証券金融が出来るまでは企業は銀行融資に重点をおき、直接金融は限定的でした。

しかしバブル崩壊後、銀行の体力が低下したことから、日本証券金融が注目されました。

これまでのような安定的な融資を、銀行が続けることが最早できなくなってきたのです。

そうした中で日本証券金融の役割が急速に伸びてくるようになってきました。






『投資パチンコ2010』ver2.0調教支配SEX系の催眠術を公開!全て動画で教えます。【パーフェクト催眠術講座】