車両保険の比較

  • 2010/01/25(月) 18:49:31

車両保険選びは、比較対象を明確化することが、第一歩であるかも知れない。

一般に、割高な車両保険の掛け金だが、需要は安定していると聞いている。

背景には、組織的な窃盗グループによる「盗難」があり、人気車のオーナーの中には、盗難防止のために、車両保険に加入する人も多いと聞く。

特に、高級車や海外で人気がある車種は、ターゲットになる危険性が高く、そういう車のオーナーは車両保険に加入しておいた方が良いだろう。

日頃、車両保険を比較することなど、考えたことがない人が大多数であろうが、こういうご時世であるから、他人事ではない。

高価な新車が盗難にあったときの、精神的、物理的ショックは計り知れないので、車両保険加入を検討する意義はある。

そもそも候補の車両保険に、ボディの小傷はともかく、盗難に際しての保証が、あるかどうかは調べたほうが良いだろう。

車両保険に加入している方は、全ての自動車オーナーの中では、少数派であると思われる。

少数派の要因になっているのは、車両保険の掛金の高さであろう。

車両保険の掛け金が高い訳は、いろいろあるだろうが、自動車事故の場合、搭乗者にケガがなかった事故というのはいくらでもあるが、車が無傷の事故というのはあまり考えられない。

ほとんどの事故のときに車に損傷があるので、他の自動車保険より、補償が発生する頻度が高く、それゆえに車両保険の掛け金は高いのだ。

購入したばかりの新車であれば、出来る限り無傷の状態で維持したいと思うから、車両保険という選択肢になるのであろう。

反対に、走行距離が10万キロで、内装外装ともくたびれてきた車に、車両保険を掛ける人はまずいない。

言ってみれば比較問題で、自動車のクオリティと車両保険の加入率は、正比例すると言うことができる。


みんなの生命保険アドバイザー

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する